2019年8月18日(日)静岡県浜松市弁天島海浜公園にて、2019JFSA 1stフリースタイル スケートボード コンテストを実施いたしました。おかげさまで、コンテストは大盛況のうちに終えることができました。ご協力、ご協賛いただいた各社様この場を借りて心より感謝申し上げます。

さて、本年度はJFSA協会のコンテストルールや、運営を大きく見直し、新たな体制でのぞむ記念すべき第1回目の開催で、アマチュアクラス13名、プロクラス10名、合計23名のフリースタイラーにご参加頂きました。

※新しいコンテストルールや、規定については下記を参照ください。

コンテストルール

会場では花火フェスとして6回目の開催となる「GATEWAY Festival 2019」が催され、非常に多くのブースが出展、沢山の人が行きかっていました。気温は高いものの曇り空となっていたため、日差しも強く無く、開催にあたっては良い気候のなか、大会を行うことができました。
上記イベントの相乗効果もあり、多くの観覧客がひしめき合っており、大会会場へ足を運んでくれるお客さんも、選手がトリックを決める度、拍手が上がるなど大盛況でした。

〇アマチュアクラス

アマチュアクラスは本協会の公認プロ、スポンサーを受けているライダーを除く、
スケートボードを始めて間もない人や、これからプロを目指す人が参加するクラスとなっています。
今回は8歳から45歳までと年代層の幅広い参加者が集まり、特に最近始めたばかりというスケーターも多く参加していただきました。

コンテスト開始前には、キッズたちは楽しそうに全国から集まった他の友達と滑ったりと、交流を深める良い機会になったのではないかと思います。

◆コンテスト結果

1位 三井 琉花
男性の参加者が多い中、得意なウオーキング系トリックを中心に女の子らしい安定した滑りを魅せ、2位に圧倒的なポイント差をつけ見事優勝しました!きれいにまとまった滑りをすることも大事ということがよくわかりますね。

2位 大場丈太郎
「全日本フリースタイルスケートボード選手権2018」ではビギナーズクラスに出ていた彼だが、大会に出始めてまだ数回にもかかわらずこれだけの結果を出せるのは素晴らしい。成長スピードには目を見張るものがありますね!

3位 佐藤隆哉
若干9歳という若きスケーター。5月19日に開催されたM80主催のYYコンテストでは優勝をしている。
出場するたびに確実に力をつけてきている彼を見ると、今後の活躍に期待が高まります!

4位 川邊 司
メロウな滑り、ハイレベルなスタンドトリックが特徴の選手。
ミスは目立ったもの、難易度の高いトリックをチャレンジする姿勢は評価したい。

5位 沼田裕介
大会を見に来たところで声を掛けられ飛び込みで参加。そんななかしっかりと結果を残すあたりは素晴らしい。
今までのフリースタイルとは違った新たな魅せ方を開発中らしい…楽しみですね!

6位 永瀬 剛良
得意技であるオールドキックフリップ360を決めるなど、調子のよい滑りをみせた。
今回が初めての入賞となったそうだが、着実に成長をしている証拠だろう。
次回はどんな滑りをみせてくれるのか楽しみです!

アマチュアクラス結果

順位 名前 Tec1 Art Comp 1st Run Tec1 Art Comp 2nd Run BestPoint
1
三井 琉花
Ruka Mitsui
80 76 65 221 98 78 69 245 245
2
大場 丈太郎
Jotaro Ooba
74 68 67 209 48 60 66 174 209
3
佐藤 隆哉
Takaya Sato
54 60 66 180 74 69 65 208 208
4
川邊 司
Tsukasa Kawabe
57 60 53 170 45 45 55 145 170
5
沼田 裕介
Yusuke Numata
41 45 54 140 54 59 56 169 169
6
永瀬 剛良
Takayoshi Nagase
59 55 48 162 43 48 44 135 162
7
大場 翔太郎 37 52 52 141 46 50 51 147 147
8
細川 倖生 24 44 45 113 19 57 47 123 123
9
上南 裕 18 45 48 111 28 48 47 123 123
10
金水 聖智 26 44 41 111 30 40 43 113 113
11
佐藤 大河 21 37 48 106 35 32 44 111 111
12
小松 美智 21 36 47 104 26 31 49 106 106
13
小松 仁美 22 39 24 85 41 26 20 87 87

※ベストポイントが同点の場合はもう片方のポイントを採用し順位付けさせていただいております。
※テクニカルポイントの基準はアマチュアクラス、プロフェッショナルクラスで異なります。

〇プロクラス

今年度よりプロ昇格となった長尾一慧プロ、藤井裕大プロ、山口浩平プロを迎え入れ、
新生プロライダーの記念すべき第1回目のJFSAコンテストとなりました。
さらに昨年カナダにて開催された世界大会「2019 World Round up」において
世界2位と好成績を収めた川崎 柚季選手も参加し、かなりハイレベルな戦いが繰り広げられました。

◆コンテスト結果

1位 川崎 柚季
さすが世界2位の実力といったところでしょうか。
ハイレベルなトリックを落とすことなくしっかりと乗りこなし、安定性のある滑りをみせた。
まだ10歳と若いながらもプロクラスでトップの滑りができる期待のホープだ。

2位 長尾一慧
ブン回し系のビックスピントリックが得意なイッケイ。540、720をバンバン回しまくる高難易度なトリックをしっかりと乗りこなし、公認プロとして初の公式戦でもしっかりと結果を残した。

3位 安本光宏
2トライ目でノーミスのパーフェクトランをし、ラストに海へ飛び込んでいった雄姿は一生忘れられない。
キッズたちと違った勢いのあるスケーティングもかっこいいスケーターだ。

プロクラス結果

順位 名前 Tec1 Art Comp 1st Run Tec1 Art Comp 2nd Run BestPoint
1
川崎 柚季
Yuzuki Kawasaki
82
75
73
230
88
77
73
238
238
2
長尾一慧
Ikkei Nagao
94
45
64
203
76
42
64
182
203
3
安本ミツヒロ
Mitsuhiro Yasumoto
61
63
58
182
65
68
64
197
197
4
藤井 裕大
9
28
55
92
80
50
65
195
195
5
澤木 洸太
55
69
69
193
58
63
69
190
193
6
山口 浩平
47
47
58
152
74
49
61
184
184
7
宇佐美 凱斗
48
57
59
164
59
58
60
177
177
8
神奈川 聡
49
48
61
158
56
49
61
166
166
9
小谷野 友
53
44
58
155
61
45
56
162
162
10
菊地 雄大
54
42
64
160
38
33
60
131
160

 

↑クリックで拡大

コンテストタイトル:2019JFSA 1st フリースタイルスケートボードコンテスト GATEWAY Festival HAMANAKO HaNaBi BENTENJIMA
主催:GATEWAY FESTIVAL 後援:JFSA
協力:浜松市舞阪町観光協会
協賛:スカルキャンディ、ELEMENT、ソニックディストリビューション、ムラサキライダーズファクトなんばCITY店、m80、FScom

Report : Satoshi Kanagawa