JFSAフリースタイル スケートボード コンテストルール

以下の3カテゴリに分け、3人以上のジャッジがそれぞれのカテゴリを採点します。
※3人以上の場合はテクニカルポイントを複数人で採点し、平均を採用します。

テクニカルポイント
加点
難易度を低・中・高に分けてカウントし、ポイントを加算していきます。また、オリジナルや超高難易度トリックは別途個別にそのトリックの加算ポイントを付与します。
減点
失敗の度合いを、「片足ズレなどの小さいもの」「デッキの裏返しなど目立つもの」「大きくバランスを崩して転ぶなど」三段階に分け、減点していきます。

※オリジナルでも難易度に見合ったポイントを付与します。
※ ウォーキング系連続トリックは、固まりごとに分解してポイントを検討し加算します。
※同じトリックでも完成度で難易度を変えて評価する場合があります。たとえば、高速で行うショービットと低速で行うショービットなど明らかに難易度が違う場合など。

 

アート(芸術)ポイント (合計100ポイント)
安定度
安定した滑り(緊張震え等も含む)スケートボードにきちんと乗れているか?
音楽との調和
スケーティングと音楽と調和が取れているか、自分の滑りに合った(選曲、融合)しているか?
スケートスタイル
上半身の動き、滑っている手の形、トリック後の姿勢などが安定しているか?
みせかた
自身の演技やトリックが映えるようにしているか、工夫やパフォーマンス力はどうか?

 

コンポジション(構成)ポイント (合計100ポイント)
トリック構成
トリックをバランスよく組み立ててルーティンを構成できているか?
場所の使い方 ルーティンで場所の使い方、偏り無く会場を使えているか?
つなぎ、緩急 ウォーキング等でをうまく流れるようルーティンを組んでいるか?
ルーティンの緩急、スピード感の強弱をつけているか

※多数のスタイルのスケーターをより公正、公平にジャッジする事を目指し競技審査を行うように努めます。
例1、スタンドトリックを全く行わない場合 ⇒ テクニカルと芸術、構成でポイントが取れる仕組みです。
例2、ウォーキング等でルーティン構成の場合 ⇒ウォーキング一連の流れを1つのトリックとして換算します。この場合、途中で降りてしまったりミスした場合はポイントとなりません。もちろん芸術点、構成点も同様の評価となります。